【豆知識】クラチャイダムのwikiでの怪しい解説と栽培方法とは?

MENU

【都市伝説か?】クラチャイダムをwikiで調べたら驚きの結果が!

クラチャイダムゴールドに含まれているクラチャイダムの栽培方法を調べようとwikiで『クラチャイダム』を検索をしたら、なんと検索結果無しでした。
これだけ有名になっているクラチャイダムについて、ウィキペディアで書かれていないとは、まさに都市伝説級の驚きですね!
この記事では、クラチャイダムをwikiで検索した結果と、クラチャイダムの栽培方法について紹介したいと思います。

 

英語,海外,wiki,栽培,種,苗

今すぐクラチャイダムゴールドの詳細をチェック!

>>最安値通販サイトを探している人はコチラ!

 

クラチャイダムゴールドの原料のクラチャイダムはwikiには出てこない?

クラチャイダムゴールドの原料である『クラチャイダム』について、wikiで調べようとする人が多いと思いますが、Wikipediaの日本語サイトでクラチャイダムと検索をしても何も出てきませんでした。
思わず
『えっ?ウソでしょう?』
って思ってしまいました。

 

これだけ日本国内で話題になっているクラチャイダムゴールドがありながら、クラチャイダム自体の解説がwikiに登録されてないとは驚きです。
まさに都市伝説!
誰かの陰謀なのか?それとも・・・
なぜ日本のwikiにクラチャイダムが登録されていないのか、とても不思議です。

 

日本のwikiではクラチャイダムの登録がないので、海外のwikiでも検索してみようと思って検索しようとしたのですが、そもそもクラチャイダムをどう書けばいいのか分かりません。

 

ネットでクラチャイダムのスペルを調べてみると『Krachaidam』と書くそうです。
しかし、海外でクラチャイダムの英語で書く場合、『Krachaidam』とか『Black Ginger』というのは一般的ではないようです。
『Krachaidam』というのはタイ語の音を英語に当てはめただけ。
さらに『Black Ginger』というのもアメリカのグーグルで検索してもあまり結果が出てきませんでした。

 

海外では一般的には、クラチャイダムの学術名でもある『Kaempferia parviflora』(ケンペリア・パルウィフローラ)と言うようです。
実際にグーグルUSAで『Kaempferia parviflora』と入力して検索をすると、クラチャイダムの写真や説明がたくさん出てきます。

 

海外でクラチャイダムについて伝えるということは無いとは思いますが、学術名であるケンペリア・パルウィフローラというのが一般的ということは覚えておきましょう。

 

海外のwikiでクラチャイダムを検索してみたら驚きの結果が!

海外のWikipediaのサイトでクラチャイダムの英語表記である『Kaempferia parviflora』と検索をすると、クラチャイダムについての説明が出てきます。
ちなみに、その説明書きのところにカッコで『Thai black ginger』と『Thai ginseng 』、そして『krachai dum』というワードが表示されていました。

 

ウィキペディアの情報を100%信じることはできませんが、『Kaempferia parviflora』以外の別名も通じることは通じるのかもしれませんね。

 

ちなみに、海外のwikiではクラチャイダムについて、こんな風に説明されていました。

 

”Kaempferia parviflora (Thai black ginger, Thai ginseng or krachai dum) is an herbaceous plant in the family Zingiberaceae, native to Thailand. Among the Mong people, it is believed to improve physical work capacity, but clinical study has failed to support this belief”

 

自分は英語が得意ではないのですが、グーグル翻訳などのソフトで翻訳してみると、

 

『クラチャイダムはモン族の人たちの中では体調が改善されると信じられてきたけど、臨床試験では実証されていない。』
みたいなことが書かれていましたよ。

 

こんな解説だと、まるでモン族という民族がクラチャイダムゴールドが体にいいと信じていたけど、科学的には実証されてないみたいに書かれています。
これには本当に驚きました!

 

こちらの記事に書かれているように、ちゃんと臨床試験で実証されてますから~!
【勃起不全】クラチャイダムゴールドはEDに効果あるのか?

 

wikiに書かれていることは間違っていることもあるので、海外のwikiサイトのクラチャイダムについての情報はあてにならなそうです。
そう考えると、日本のwikiでも海外のwikiでも、クラチャイダムについての正確な情報は登録されていないということですね。
とても不思議な状況になっています。

 

クラチャイダムの栽培方法は?(種それとも苗から栽培するの?)

海外のウィキペディアに書かれていたクラチャイダムの情報は、先ほど紹介した内容だけで、具体的にどうやって栽培されるのかなど詳しい情報は一切ありませんでした。
クラチャイダムはどのようにして栽培されるのか?
それを知る手掛かりが、日本サプリメントフーズの『クラチャイダム栽培日記』というサイトにありました。

 

クラチャイダム栽培日記

 

その情報によると、クラチャイダムは種から栽培するのではなく、苗から栽培するのが一般的なようです。
クラチャイダムの栽培には、3つのポイントがあります。

 

日当たり良好で通気のいい場所で栽培する
排水がしっかりできていて、耕土の深いところ
地温が15℃以上の場所

 

さすがクラチャイダムはタイ原産の植物ということもあって、ある程度地温が高くないと発芽しません。。
この日本サプリメントフーズの『クラチャイダム栽培日記』では、最後までちゃんとクラチャイダムが育ったのかは確認することができませんでした。
日本国内で栽培されていたので、日本の気候では育たなかったのかもしれません。

 

やはりクラチャイダムは先ほどの3つの条件がそろっているタイで生産されたものが最も栄養分が高いです。
クラチャイダムゴールドで使用されているクラチャイダムは、タイ国内のこのような管理された農場で生産されています。

英語,海外,wiki,栽培,種,苗

 

クラチャイダムゴールドで使用されているクラチャイダムは、原産地であるタイの管理された畑で生産されているので栄養素もたっぷりですね。
ですので、同じクラチャイダム系サプリを選ぶ際は、タイで生産されたクラチャイダムを100%使用しているクラチャイダムゴールドがおすすめです。